シャカシャカ 10×10 アゼン

shakashaka_20141231100438c81.png

僕にとっては「成長の1年」だった、2014年。

あなたはどのような1年でしたか?

万感胸に迫ります。

ぱずぷれで解く

カンペンで解く
関連記事

LITS 10×10 たいへん

lits (2)

真ん中の90°対称から始まる、救済的LITSです。
要所要所でなかなか素敵な仕上がりになったんじゃないかと。

ぱずぷれで解く

カンペンで解く

アプレットで解く

LITSのルール
関連記事

LITS 10×10 おてごろ

lits_20141227143758d92.png

こういうのを”恐ろしい問題”と巷では言うらしいです。

LITSは締めが難しいからこそ、作るのが楽しい気がする。

ぱずぷれで解く

カンペンで解く

アプレットで解く

LITSのルール

(作者:27秒)
関連記事

お家へ帰ろう 8×8 たいへん

kaero_201412271225261e2.png

ボツ理由
①配置が微妙 ②動かない記号多すぎ ③移動距離が長くスペースの無駄遣い

ぱずぷれで解く

アプレットで解く

お家へ帰ろうのルール
関連記事

さとがえり 10×10 たいへん

satogaeri.jpg

初制作。思いつきの入口があまりにもがえぐいので(ネタバレ→入口は右上の1×2
ここで公開。カンペンで遊べない人(僕とか僕とか)は紙に写して遊んでみてください。
中盤は良いんだけどなぁ

カンペンで解く

さとがえりのルール
関連記事

アイスバーン 8×8 おてごろ

icebarn_2014122618312554e.png

無人島。

ぱずぷれで解く

アプレットで解く

アイスバーンのルール

(作者32秒)

修正しました。
ご指摘ありがとうございました。
関連記事

リフレクトリンク 18×10 おてごろ

reflect_20141225163322201.png

圧倒的守備力。

ぱずぷれで解く

アプレットで解く

ルール:
1.盤面内に線を引き、全体で枝分かれのない1つの輪っかを作ります。線はタテヨコにマスの中央を通ります。
2.┼のマスでは、線は必ず立体交差します。┼以外のマスで線が交差してはいけません。
3.三角形があるマスは必ず線が通り、斜辺で直角に曲がります。三角形の中を線が通ってはいけません。
4.三角形の中の数字は、その数字から出た2本の線が最初に曲がるまでの、その三角形のマスを含めてのマス数の合計です。数字のない三角形では線が何マス続くかは分かりません。

(作者52秒)
関連記事

美術館 36×20 アゼン

lightup_20141224202611f9a.png

メリークリスマス!
優雅な外見とは違って、実は中身は辛めです。
腕に自信のある方へ。

ぱずぷれで解く

カンペンで解く

美術館のルール

(作者:4分24秒)

ぜひ感想やタイムをお願いしますー
関連記事

のりのり 10×10 たいへん

norinori_20141224185724405.png

このパズル早解きに向いてますよねー

ぱずぷれで解く

カンペンで解く

のりのりのルール

(作者:20秒)
タイムをコメントに書いてくださった方々ありがとうございましたー!あの美術館は入口が難しすぎましたかね(笑)

まぁせっかくコメントという機能がある訳ですし、会心のタイムが出た方はコメントにて気軽に書いてくださると、盛り上がって面白いかなーと思いますが、、、
関連記事

1年。

気が付くとこのブログをはじめてから1年(と3日)が経ちましたね。
ここで、これまでを振り返ってみましょう。

・はじめたきっかけ
よく覚えてないですが、確か
①親友のオーキシンがブログをそのころ始めていたこと。
②143号向けの時効問題をそのうち公開したいなー
③冬休みは暇だった。
④文化祭のパズ同展示のあとで、モチベが高かった
⑤半年ぶりに、ニコリ(の数独本)が届いた。
などですね。偶然重なりすぎ(笑)

ただ、いまとなっては当時の時効問題など晒す気はさらさらありませんが。(狙ってない)
ちなみに、文化祭にてOBでパズル作家としても活躍中のOOOOOOさんと話したんですねー
それでパズルへの考え方が180度変わったのもありました。ま、そんなこんなで。

・当初~2014年3月
初めての記事。
週1予定だったらしいですね(笑)。
現在は、ウォーミングアップ用か、ネタパか、投稿用の検閲された問題ばかりですが。

暗中模索の日々。こんな痛い文も書いていました(この文章も十分痛いけど)。。本誌(146号)に載せたいと、アホみたいに量勝負で送ってました。
あ、念のため言っておきますが量送るのはお勧めできません。なぜなら
①基本、良いものしか載らない
②自分がタイヘン
③ニコリさんもっと大変

あ、もちろん①は例外はあります。例えば拡大4ページだったり、競争率が少なかったり。
まあ②は自明で、③はこまぱ編集時に実感しました。

何だかんだ146号には2問掲載でした。打率は今のところ過去最低です(そりゃそうだ)

・4月~6月
成長期(?)かな。流れるループを本誌にて発表。
ブログの訪問者数や拍手が増え、確かな手応えを掴みつつありました。

あ、ちなみにこのころからオモパ巡礼を始めました。きっかけは簡単。オーキシンがやっていたので流れに乗っただけでした。が、現在はそれのおかげでパズルも52種類に。やはり彼なしに僕のパズル歴は語れませんね。
リフレクトリンクやたわむれんがなどの掘り出し物もあり、成功だったのではないでしょうか。
6月27日についったをはじめました。

・7月~9月
停滞期でした。
アーカイブを見れば分かりますが、8月を境に問題が減ってますね。いろいろ理由がありますが、
①卓球やキャストパズルに関心が移っていた。(そこまで忙しかった訳ではない)
②突然ペンパが作れなくなった。

①はともかく、②は(僕にとっては)深刻でした。ちょうどその頃からfffとパズル論をぶつけ始めたわけですが、問題の「主張」を思いつかないと作れなくなっていたんですね。当時引き出しが少ない上に、無理なハードルをかけていたのかな。
ニコリ掲載数が順調だったのが救いでした。。

・10月~NOW
あ、どうも、こんな稚拙な長い文章を書いているトクナキラです。
まぁ彼が自分自身を整理したいらしいので温かい目で見守ってあげてください。
茶番はおいて。
ニコリのペンパ2015にて初のジャイアント掲載。149号ではマグプレも発表。
投稿量は減りましたが、種類数は増え打率は上がりました。

ブログの訪問者数も当初1日20人程度だったのが、今では1日90人に。1か月ほど前には1日100人も達成し、アクセスカウンタも20000を突破しました。嬉しい限りです。
初掲載から1年半経ったし、そろそろパズル作家と名乗っても大丈夫かな?常連作家にはまだ程遠いですが。

こんなまだ駆け出しの僕ですが、(多分僕よりは)ベテランの皆さん、これからもよろしくお願いします。
関連記事