スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nikoli.com第8回オフ会レポ

nikoli.com、の第8回オフ会に参加してきましたー。
無料でお土産だとか、カミシモだとか、楽しさとか頂いてしまったので、お礼も込めてレポ。

場所は蔵前駅徒歩0分、小さくお洒落なビルの4階。
「連れは1人までOK」というニコリさんの良心的配慮によって、非会員の友人・N君(同級生)を連れて、おずおずと会場IN。2人して合わせれば文珠並の人見知りです。
バスケコート程の広さ。長方形で、短い一辺にスクリーンとパソコンデスク3つが置いてあります。清潔感のある白・茶のチェック柄の床が快適。中央には、細長いテーブルが置かれ、お菓子や飲み物が多数鎮座。3辺には整然とパイプ椅子が並べられ、至れり尽くせりなのでした。

受付でバッジを頂きます。「初・トクナキラ」の文字。
名簿を眺めると、会員(と連れ)が20数人、作家さんが13人、スタッフさん&ゲストの方が6人。

14時START。シャイな2人は人間心理的に受付横の、ちょうど壁で陰になる椅子に座っていたのですが、どうやらスタッフスペースだったようです。時機を見計らってこそこそと移動しました。

はじめは、早解き予選&自由時間。
会場隅に中央に向けて置かれた、1台のパソコンデスクで1人ずつ予選を受けます。
ニコリコムの8種類のパズルの内、好きなモノを選び、そのらくらく問題を解いてタイム順に8名が決勝T進出、というものでした。
パズルは四角に切れ・スリリン・ましゅ・さとがえり・シャカシャカ・数独・カックロ・ヤジリン。(だっけ?)
スクリーンの前に置かれたPC2台では、デモプレイができ、それぞれスクリーンの左右に移されます。
2人でどれを選ぶか喋りつつ、スクリーンを眺めます。goriさんの早解きに、会場沸きます。

私は何となーくシャカシャカ、友人はコム操作に慣れていないので、四角に切れを選択。
その前にでもプレイをさせてもらったのですが、大勢に見られることがこれほど緊張するとは。ニコリさんのマウスは感度が良く素晴らしかったのですが、シャカシャカで操作ミスを連発し赤面。Nも(なぜか)ナンリンの操作に苦しんでいました。

ひとまず予選を受けることに。シャカシャカが1~10まで用意されており、どれかから選ぶ形式。
スタッフさんに「どれを選んでも大して変わらないですか?」と伺うと「それが結構違うよ」とのこと。あらま、運も実力の内なんですね。まあテキトーに選んで、右手を2,3回振り、スタート。
まず、10×10であることに安心。
・を多く使う系の問題で、大きい四角もなさそうでがっくりしながらマウス操作。早速操作ミス連発。答えは見えているのに上手く描画できないもどかしさを感じながら、あっという間に終了。30秒でした。

その後、slaimさんやケーエスさんとお話。のりのりで盛り上がってました。今年出たパズルザジャイアントののりのり1番・ケーエスさん作が部屋が全て線対称でびっくり。言われてみれば確かに。
ただ単に私は「対称→良い」くらいの考えしか持っていなかったのですが、ケーエスさん曰く対称にすることで部屋が見やすくなるようです。自分の浅はかさに恥じつつ、作り方談義。気さくな方々でした。
その後、かりんさんにひとりにしてくれを教わりつつ、ハムスターさんの講演に。
クイズ企画は大いに盛り上がりました。私は一瞬で敗退。まさかハムスターさんが年間シリーズ数1位だとは・・・

その後、数独世界チャンピオン・モリー二さんの講演。nikoli.comの回答履歴の分析、ということでした。
しかし内容よりも、喋り方の可愛さプレゼン技術に目が行ってしまったのは秘密。

決勝進出者発表です。

ちなみに先程N君から「四角に切れ26秒だった」という話を聞いて戦慄。ちょっとまった。何が起きた。と戸惑う私に「問題の運が良かった」という謙虚な彼。すごいわー;。とんでもない人を連れてきてしまったような。

goriさんが22秒でトップ通過。
続いて、2位タイで26秒で非会員のN(!)
私は4位通過。30秒。
しかし、ここからが接戦で、なんと8位が33秒。
もし破綻すれば、フツーに予選敗退でしたね。ほっと胸をなでおろす。ちなみに、deuさんがやらかして敗退する、という波乱も。
ちなみに、6人は四角に切れ・さとがえり、私はシャカシャカ、8位の湾狼子さんはましゅでした。

くじであたりを決め、トーナメントへ。
デモプレイ用だった2台のPCが舞台となります。オーディエンスは2つのスクリーンで両者の対決を眺める仕様。
順位の高い方がパズルを選べるようになっています。

第1試合。
goriさんと湾狼子さんでヤジリンですが、ここで波乱が。goriさんがハタンしたのか、湾狼子さんが予選8位通過ながら1位を破ってしまいました。それにしても、お二人の華麗なマウスさばき。

第2試合。
モリー二さんと aji さんで数独。世界チャンプの圧巻の技に、会場盛り上がり。

第3試合。
私と、まさかのN氏。種目は彼の選んだナンリン。
後ろで「両者の解き方が違う」等色々な声が聞こえます。案外脳内に入って来ますよね。集中していないだけ?
どうも苦手なナンリンですが、辛うじて大きなハタンはなくfinish。横を見るとN君も終了1手前でした。あぶなっ、というか非会員ですし実質負けたようなものですね(笑)。

第4試合。
かりんさんがひとりにしてくれ圧勝。会場盛り上がり。何というか、お相手さんの気持ちがすごく分かる…(笑)。

ベスト4が出そろい、準決勝。
モリーニさん vs 湾狼子さん。
モリーニさんがこのままでは数独3回で優勝してしまうので、必然的にパズルの重複はなしに。
種目は波及効果になりました。変わらないとちゃうw
湾狼子さんの猛烈な追い上げもありつつ、チャンピオンの探索の速さにため息。

かりんさん vs 私は、へやわけ。
お互い得意種目同士でしたが、問題と相性が悪くなく辛勝。ハタンしたときは駄目だと思いましたが、運よく5秒ほどで見つかりました。

決勝。試合前にインタビューがありましたが、落ち着いたモリーニさんに対しおそらく支離滅裂なことを言っていた私。
種目に逡巡するチャンピオン。勝率はのりのりなら8割方、シャカなら五分五分、他は1%以下だと思っていました。チャンピオンが一瞬のりのりと呟き、歓喜しかけた私でしたが最終的にはぬりかべ。ま、いうまでもなく私はハタンして完敗でした(笑)。
実力に合わず運よく決勝に行けたことについての、達成感の方が大きかったですが。

そんなこんなで、最後に少数決。異性になりたかったdeuさんがTシャツ獲得、流石です。(訳わからん要約)

以上お開きに。早解きの景品でカミシモ頂きました。三兄弟でどっぷりハマってます。ニコリさんも罪なゲームを出したもんだなあ。

次の機会がもしあれば、もっと沢山の方々とお話ししたいですね。宜しければ、半袖さんとナンスケの話だとか、湾さんとオモパの話をさせて頂きたいのですが、その前にもっと修行せねばですね。

ニコリスタッフさんをはじめとして、ありがとうございました。たいへん楽しめました(小並)。ではでは。
スポンサーサイト

パズル通信ニコリ155号掲載報告

皆さんこんにちはー!
トクナキラです。

皆さんがある程度読み終わった頃という、ベストタイミングの記事ですね。(?)
ま、大切なモノを大切にしつつ鼻歌交じりにいきましょう~♪

今回の自作は6問でした。
ニコリ様、ありがとうございますー。
今回は、最近投稿数が減っている分(定食数種類くらい)、昔に投稿したものを載せて頂いた感じがあります。

・ 新オモパ 温泉めぐり(仮題)

久々の新オモパです。最近ホントにアイデア貧民で、送ってなかったので、、、。頭が凝り固まってしまったのかな(笑)。
実は、これとともにもう一つ斬新なものを送っていて、そちらがお気に召していたのですが、こちらの比較的無難な方を載せて頂きました。そのボツオモパは、次号でも拾われなければ公開しましょか。

1番~4番の掲載になります。ま、各問題について作者の意図を詳細にお伝えしたかったりするのですが、面dまあ解いてみて下さいねー!
解き方としては、ましゅ橋かけみたいに各〇の特徴を丁寧に踏まえつつ、盤面全体に目を配ることでしょうか。
難しい文章になってしまいましたね(笑)。一言でいえば、「テキトーに解けばOK!」 (おい)

制作秘話のあれこれを軽く綴ると、E-ザワザワさんのデイリループのあのルールがお蔵入りになってしまうのが惜しかったのと、「これ以上新しいパズルは出ない?」と一部で若干思われ気味なループ系パズルの新たな可能性を広げたい、という2つのコンセプトが見事に合致した感じです。

ルールは長めですが例題から直感的に何となく分かるかなーと。
温泉につかったつもりで、「へいへいほー」なんて歌いながらやると中々に病みつきになりますよ。
解き味も軽く、解きやすくて作りやすく、ましゅなどのレギュラーパズルに勝るとも劣らないと思っています!
是非、応援投稿、宜しくお願い致します!特に温泉好きな方は。

・ナンスケ1番
そろそろ時効になる問題でした(笑)。2番の半袖さんのブログに触発されて、作った問題でした。
盤面の配置だったり、数字の個数だったりそれなりにバランスよくできたのではないかなー。

・漢字見えかくれシークワーズ
念願の掲載です!地味にこれが嬉しかったりします。
人生2度目の、初製作 初投稿 初掲載です。余談になりますが、辞書片手に漢字組み20時間、修正に5時間、ペイントでちまちま見えかくれに3時間、原稿化&チェックに2時間、合計30時間を費やしました。はたしてジャイアントが何問できたか

それはともかく、改めて感じパズル作家さんを尊敬しました。色々と拙さは目立つかもですが、生暖かい目で、宜しければ作者の苦労などを感じつつ解いて頂けると幸いです。


今回はこんな感じで。
無駄に温泉めぐり喋りすぎましたが、正直これでも書き足りないので、別の機会に色々書きますか(笑)。
アディダス、ちがう、アディオス!
関連記事

リフレクトリンク 10×10 おてごろ

reflect_201606080538236ef.png

自分らしさって何だろう?みたいな自分らしくないことを考えていたので
意外性のだけに走った、トクナキラさんとしては意外過ぎる問題。

ぱずぷれで解く

ルール:
1.盤面内に線を引き、全体で枝分かれのない1つの輪っかを作ります。線はタテヨコにマスの中央を通ります。
2.┼のマスでは、線は必ず立体交差します。┼以外のマスで線が交差してはいけません。
3.三角形があるマスは必ず線が通り、斜辺で直角に曲がります。三角形の中を線が通ってはいけません。
4.三角形の中の数字は、その数字から出た2本の線が最初に曲がるまでの、その三角形のマスを含めてのマス数の合計です。数字のない三角形では線が何マス続くかは分かりません。

追伸1:まだニコリは来ず。
追伸2:またしても偶然に8万人目の訪問者に。これまでの79999人、ありがとう。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。