ぬりめいず 10×10 らくらく

nurimaze.png

インターネットで初登場、ぬりめいずです。
ペイントエリアのサクサク感と迷路の持つ奥ゆかしさを交えた解き味。

僕にとっても、148号に載った相性のいいパズルです。

ぱずぷれで解く

ルール(パズル通信ニコリ148号より引用)
①盤面のいくつかのマスを黒くぬって壁を作り、全体でSからGまで通り抜けることができる迷路を作りましょう。
②太線で区切られたそれぞれの部屋にあるマスは、すべてぬるか、すべてぬらないか、のどちらかです。
③SG○△があるマスを黒くなってはいけません。
④すべての○のマスは、SからGまでの最短経路上にあるようにします。
⑤すべての△のマスは、SからGまでの最短経路上にあってはいけません。
⑥すべての白マスは、タテヨコひとつながりになりますが、白マスで輪っかができてはいけません。
⑦白マスも黒マスも、2×2以上のカタマリになってはいけません。

ああ打ち込むの疲れた。
ルール長いですね、ビジュアルで判断すべき?

nurimaze (1)

図を見たほうが早いですな。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)