ヤジリン。

どうも、某氏の書き出しを真似てみたトクナキラです。

ヤジリンについて最近思うことがあったので色々。

①良いヤジリンの問題とは?
これですよ、これ。
比較対象に上げると、ましゅやへやわけなどは手筋が多く、自由に作りやすいので新趣向やとんがった問題を作りやすいですよね。今でも斬新な問題を時々見かけます。
でも、ヤジリン・・・
手筋?
1マスの1、3マスの2、5マスの3、端の4マスの2、3マスの0。
結局パターン化すると

→Nの先の自由なマスが2N-1個の時、また端での3N-2の時、あと0。
本誌ではこの3通りだけですよ(多分ね)。まあ、細かく言うとネット上には一応あるのでそれらは全て先読みと仮定します。
また、尖った問題もあまり見ません(ないわけではない。比較的)

ヤジリンが「最もオモパの期間が長いレギュラーパズル」であるのもこれらが原因でしょう。

最も作るのが好きなパズルがヤジリンだ、という作家さんはほぼ見ません。

しかし。

ソルバーの中ではヤジリンはベスト5に入るほどの人気があります。

なぜ飽きられないのか?
これが謎なのですよ。

私は答えを知っているが余白が足りないため書き記すことができない

多分理由は「盤面が白い」ことにあると思うのですよ。

言い換えれば、補助的要素(ヤジリンでは矢印)が少ない。それに対しソルバーは、線を引く、黒マスを書く、点を付けるという3種類の行動ができるのです。

しかも、ひとつの補助的要素の影響範囲が広い。
これが→の強みです。灯台みたいですね。ま、”もと”は暗いですが。

持っている方は、パズル・ザ・ジャイアント26のヤジリン3番をご覧ください。

これを見た時に衝撃を受けました。多分これは”ヤジリン”の特異性を象徴するものではないかな…と考えています。

だらだら書いて脱線もしていますが、要するに
ヤジリンは「自分が操作されている」感じが少ないのかな、と。
おそらくレギュラーパズルの中では最も「既に解いたところをヒントに大規模に埋まっていく」と思うのですよ。

収拾がつかなくなってしまったのでこの辺で。
①しかありませんでしたが。そもそも②なんて考えてなかった

※初心者の為に ヤジリンのルール
おすすめの問題
ヤジリンの問題集

まぁ未熟者の戯言だと思って聞き流してください。


もし何か感じていただけたら
ぜひあなたのヤジリンについて思っていることを、右下のコメントにて一言でもいいので教えて頂ければ幸いです。
関連記事

コメント

No title

個人的には、一つの領域に出入りする線の本数だとか複数ループにならないようにだとかで、何もなさそうなところに線を引いたり黒ます置いたりする手筋が、解くのも作るのも好きです

http://indi.s58.xrea.com/pzpr/v3/p.html?yajilin/10/10/b0.f0.e21e0.j41d41h31f43h0.d0.j0.e0.e42f12b
http://indi.s58.xrea.com/pzpr/v3/p.html?yajilin/10/10/0.d0.b0.e0.f0.e0.e0.a0.c0.b0.c0.h0.b0.b0.a0.c0.g0.c0.b0.d0.b0.i

Re: No title

> 個人的には、一つの領域に出入りする線の本数だとか複数ループにならないようにだとかで、何もなさそうなところに線を引いたり黒ます置いたりする手筋が、解くのも作るのも好きです
>
> http://indi.s58.xrea.com/pzpr/v3/p.html?yajilin/10/10/b0.f0.e21e0.j41d41h31f43h0.d0.j0.e0.e42f12b
> http://indi.s58.xrea.com/pzpr/v3/p.html?yajilin/10/10/0.d0.b0.e0.f0.e0.e0.a0.c0.b0.c0.h0.b0.b0.a0.c0.g0.c0.b0.d0.b0.i

僕も空間を埋めていくのは好きですが、ワンループと黒マスのからみを多用し本数定理はほとんど使わないので、mlyさんのようにちょっと嗜好の違う問題は意外でした。

本数定理は見えにくいと考えているのである程度セーブして作っている感はありますが、このような場ではもっと透明な枠からはみ出てもいいのかもしれませんね。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)